中学受験について

ケアレスミスとの向き合い方

こんにちは♪
Haruです。

皆さんは子供の答え合わせを手伝っていますか?
我が家は今のところ、私が丸つけをしています。

しかし、あーちゃんは×をつけられるのが大嫌い。
間違いが1つあっただけでも、ガクンとテンションが下がります。
分かり易~

間違える→肩の力が抜ける→顎が出る→八の字まゆげ→への字口。
ハイ、完成!

一旦グニャ~となってから戻ります(笑

「おいおい~、毎回毎回すべて全問正解の子の方が少ないから。
次に解いたときに正解だったらOK!
どこでミスしたのか見てみよッ」ということで、再開です(^^;)。

基本的に間違いはケアレスが多いです。

我が家ではケアレスミスを大きなまとまりで解決せず、何のミスだったのかを確認します。
気を付けるべきポイントを他と違う色のペンで書くようにしています。

このようにしてみると子供のケアレスミスの傾向が見えてきます。



ポイントの部分は本人が書くようにしているので、書きながら「あ~この言葉。さっきも書いたなぁ。」子供自身が感じてます。
反抗期に入ってくると、親の言葉がなかなか素直に入っていかないので、自分で気づくのが一番スムーズです。

見てみると問題は変わっても同じようなミスを重ねていることが多いです。

逆に言うとケアレスミスの多いということは、
その1つの改善ポイントを徹底することでかなりの得点アップにつながります。

スポーツ選手のお言葉を借りると“伸びしろがある”というのでしょうか(^^)。

先日は、常連となっていた一つのミスを徹底してテストに臨んだところ、4教科で30~40点くらい伸びました。

うっかりミスはクセのようなもので、なかなかピタッとはおさまりません。
大人も子供も自分の間違いにきちんと向かい合うことはしんどいですですが、
そこに向き合って行くことが重要だと思います。

先日、娘が国語の記述で、こんな答えを書いていました。

Q
あなたにとって“強い人”とはどういう人ですか?

A
「ミスがあったとしても間違えを認めて、それを直そうと努力できる人。」

 

まだまだケアレスに落胆してしまう娘ですが、嬉しい成長を感じた母でした。

ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけたら幸いです♪
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

 


関連記事

  1. 四谷大塚

    入塾前の冬期講習(SAPIX・四谷大塚)

    こんにちは。Haruです。入塾前の冬期講習は塾によって少し違い…

  2. 中学受験について

    お友達との入塾

    こんにちは♪Haruです。あーちゃんが通う校舎には、同じマ…

  3. 中学受験について

    【岐阜・愛知】私立中学フェア 2018

    こんにちは。Haruです(^^)。夏になると、どの地域も私…

  4. 中学受験について

    中学受験を経験して良かったこと①

    こんにちは♪Haruです。最近、Amazonから発表された…

カレンダー

2017年11月
« 10月   12月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけたら幸いです♪
 

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
 
 

PVアクセスランキング にほんブログ村

苦手科目☆お助け情報

 

国語が苦手なお子さん向け


SAPIX・日能研・四谷大塚の講師が運営

  1. 四谷大塚

    笑顔に変わるスケジュール管理
  2. 四谷☆DAYS

    反抗期に効果的なペンの色とは?
  3. 日能研

    日能研と四谷大塚の違い② 成績順の席
  4. 受験情報

    【神奈川】2018神奈川全私学(中・高)展
  5. 四谷☆あいうえお

    [ふ] 父母教室(四谷大塚) 
PAGE TOP